妊活の第一歩は基礎体温から。体温を上げて妊娠しやすい身体になろう

スポンサーリンク

妊活の第一歩は基礎体温から。体温を上げて妊娠しやすい身体になろう

本日もご訪問ありがとうございます。

ここでは体温を上げることの大切さを身を持って知った私の
温活コラムをお届けします。

結婚して妊娠を控えると「基礎体温」を測り始める人が多いですが
これは妊娠の予定がないから無関係なものではないのです。

基礎体温は女性が自分の身体を知るのに、とても大切です。
基礎体温を知ることで変動多い自分の身体をコントロールすることができます。

そして妊活をする女性にも基礎体温はとても重要なのです。
今回は妊活と基礎体温の重要性を書いていきます。

スポンサーリンク

基礎体温で分かること

基礎体温なんて測っても何も変わらないと思っていた若い頃。
若いだけに身体へのトラブルも少なかったのですが今の私に言わせると…

なぜ、もっと早く始めなかったんだぁぁぁ!

となっています。
基礎体温を測ってまず分かるのは「生理周期」です。

旅行が好きなこともあって旅行と生理が重なるのは避けたい私。
以前はいつ来るか分からない生理に旅行の計画も行き当たりばったりでした。

基礎体温を測ることで毎月の生理予測ができます
すると旅行だけでなく、その他の予定も立てやすくなって快適です。

他にも排卵日や体調の変化、そして身体が正常に機能しているかも分かります。
生理周期が分かると太りやすい期間や、痩せやすい期間も分かるのです。

すると無理をしないようになったり、ちょっと体調が悪くても理由が分かるので
毎日を有意義に過ごすことができますよ。

妊活としての基礎体温とは?

妊活を始める人が基礎体温を測るのは、やはり排卵日を知るという要素が大きいですね。
妊娠は本当に奇跡に近いもので、いつでもできるものではありません。

それこそタイミングがピッタリ合ってこその結果なんです。
ですから妊活で妊娠を望むのであれば、その可能性の高い日を知るのは大切なんですよね。

しかし基礎体温を測ったからといってすぐに妊娠するわけではありません。
定期的に測ることで自分の身体の周期を理解します。

ですから、早くから基礎体温を測って自分の身体を知っておくことは
妊活にも繋がるんですね。

まだ関係ないと思っていても基礎体温だけは測っておくことをおすすめします。

また基礎体温を測ることで自分の体温が高いのか低いのかも分かります。
妊娠しやすいのは体温の高い身体です

妊娠してからも体温が高い方が赤ちゃんも心地よく育ちやすいんですね。
最低限、自分の身体のことは理解しておきたいですね。

まとめ

妊活と基礎体温は切っても切り離せないほど大切ですが
基礎体温は若いうちから測っておくことをおすすめします。

自分の身体を知ることが妊活の第一歩です。
基礎体温計は20秒で測れるものもあります。

今からでも始めて見ませんか?
ここまでお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です