炭酸水にも種類がある?飲みやすい炭酸水を選ぶ方法

スポンサーリンク

炭酸水にも種類がある?飲みやすい炭酸水を選ぶ方法

本日もご訪問ありがとうございます。

最近ではスーパーやコンビニでもよく見られるようになった炭酸水
甘い炭酸が苦手な私には、最後までスッキリ飲めるので重宝しています。

実はこの炭酸水には種類があるって知っていましたか。
日頃飲んでいる炭酸水がどんな種類の炭酸水なのか、知っておくことも大切です。

ここでは炭酸水の種類について理解を深めておきましょう。

スポンサーリンク

炭酸水は大きく分けて2種類あります

炭酸水の定義は水+二酸化炭素です。
本来、この2つの原料以外に、何も混ざっていないのが理想です。

炭酸水の中には「天然炭酸」と「人工炭酸」に分けられます。
これは一体、どういうことなのでしょう。

天然炭酸も人工炭酸も、水に二酸化炭素が溶け込んでいる状態なのは同じです。
違いは、炭酸が最初から入っているのか後から注入されたものなのかという所です。

天然炭酸は湧水として汲み上げられる段階で、すでに二酸化炭素を含んでいる水です。
天然水が初めから炭酸水というイメージですね。

日本にはほぼ、存在しないのでイメージしづらいとは思いますが
ヨーロッパを中心とする海外には、天然の炭酸水が湧いている場所が多数あります。

ですから、海外の水=炭酸水という場合が多いのです。

一方で、人口炭酸は天然水やミネラルウォーターに後から二酸化炭素を注入した水です。
日本で売られている炭酸水は、ほぼこの方法で作られています。

「天然」とつく方が、なんとなく良さそうなイメージですが
実際にはどちらが良い、悪いは判断できません。

ただ、水と二酸化炭素以外の成分入っているものは避けましょう
二酸化炭素以外の成分が入る場面というのは、どんな場合なのかを見ていきます。

炭酸水は原水の種類が大切

炭酸水を選ぶときに注意したいのは、炭酸水に使われている原水の種類です。
今のように炭酸水がブームになる前から、日本でも炭酸水は売られていました。

その頃の炭酸水は水道水を加工した水や、純水などに二酸化炭素を加えて
炭酸水にしたものがほとんどでした。

その頃の炭酸水の用途は主に「何かを割って飲む」ということだったので
風味などはあまり気にされていなかったんですね。

ただ、水道水や純水から作られる炭酸水は酸味が強く感じられます
その酸味を抑えるために塩化カルシウム硫酸マグネシウムなどを添加する場合があります。

これが水と二酸化炭素以外の成分です。
味を楽しむというよりも、のど越しを楽しむタイプで価格も安いです。

最近では炭酸水をそのまま飲む習慣がでてきたので
上記した対応では「飲みにくい」と感じる人もいるでしょう。

そこで登場したのが天然水に二酸化炭素をプラスした炭酸水です。
天然水が原水になることで、飲みやすく味わい深い炭酸水になります。

もし初めて炭酸水を飲んでみようと思っている人、炭酸水選びに迷っているなら
原水が天然水のものを選ぶと飲みやすいと思います。

炭酸水も意外に奥が深いですね。

まとめ

炭酸水はたくさん飲んでもカロリー0なのが嬉しいですね。

どうしても人工の炭酸水がイヤという人は
日本でも海外産の天然炭酸水を購入することができますよ。

飲みやすい炭酸水は人それぞれです。
あなたに合った炭酸水を見つけてみましょう。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です